三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい

¥2,500 (税込価格 ¥2,750 )

烏が鳴けば帰らねば。ならば烏がいなければ

「朝になって烏が鳴けば、(遊郭から)帰らなければいけない。
ならば世界中の烏を殺しても、おまえと一緒にいたいものだ」
タイトル高杉晋作が謳ったと言われる、こんな情熱的な歌が元になっています。

在庫切れ

amazon pay対応