新作オリジナルTRPGシステム、コミケとかがみもちTRPGウィークに発表された作品のご紹介【2022年1月版】

コミックマーケットは毎年夏と冬に開催される世界最大の同人誌発売会です。原則3日間の開催期間があり、二次創作や一次創作の作品が多数発表される場です。
TRPGを含む非電源ゲームも、コミックマーケットに合わせて数多く発表されます。

今回は、2021年12月30日・31日に開催されたコミックマーケット99Aと、2022年1月8日・9日に開催されたかがみもちTRPGウィークで発表されたオリジナルTRPGの基本ルールブックを、TRPGのルールブックやサプリメントも数多く取り扱っている冒険心をくすぐるお店『コノス』が紹介します。

TRPG基本ルールブック

テーブルトークひみつあそびvol.1

4 out of 5
¥2,000 (税込価格 ¥2,200 )

TRPG基本ルールブック

テーブルトークひみつあそびvol.2

¥2,000 (税込価格 ¥2,200 )
¥1,900 (税込価格 ¥2,090 )

新作個人制作TRPGはこちら

この砂漠をチームで生き抜け 『ロボットバトル&砂漠サバイバルRPG 砂塵戦機A:GuS(アーガス) 2ndEdition』

砂塵戦機 A:GuS

「砂塵戦機 A:GuS」の全面改訂版。
戦争で荒廃した砂漠を舞台に、砂上船が行き交い、砂漠用に適応進化したロボット(=A:GuS)を駆って日々を生き抜く……そんなRPGです。

バランス面での等級の軽重の格差や、兵装・スキルのバランスなど、より遊びやすく、より活躍機会が均等になるよう調整されています。

物語の中で、なにして遊ぶ? 『ひみつあそびVol.1&Vol.2』

どらこにあん姉妹サークル、「あんこらでぃお」のシステム集第一弾!
未来のクリエイターたちが紡いだ「完全新作システム」の数々を存分にお楽しみください!
Vol.1には4システム、Vol.2には5システムを収録。

また、すべての作品が、配信・二次創作を全面的に許諾しています。

「あのひと」は、ひとりぼっちだ。 『夜が明けたなら行こう-FROM THE DUSK TO THE DAWN-』

ひとりぼっちになっちゃった1人の人物の中の人たち(人格とか背後霊とか)を遊ぶTRPGです。
1セッションをキャラメイクから2時間くらいで遊べるお気軽TRPGで、1日で3セッションくらいのキャンペーンをできたりします。

果たして孤独な「夜」を越え、あのひとは生き残ることができるのか。
あるときはひどく切実に、残酷に、あるいは滑稽に、時には馬鹿笑いを挟みながら、あのひと以外の誰も知ることのない小さな旅が始まります。

舞台は町中、ルールなし! 『コロし愛バトルロイヤルTRPG コロシヤサバイブ』

みんな大好きコロシヤサバイブ!
イカれたサツ人鬼【コロシヤ】になって、目に映るすべてのモノを武器とし、デスゲーム【コロシヤサバイブ】の勝者を目指そう。
最後に生き残った勝者には謎のクロマクから望みの報酬が与えられます。

キャラごとの【デンセツ】を創る最短5秒の多彩なキャラメイクに、GMレス・シナリオレス対応。
サクッとはじめられるポーカーベースのバトルロイヤルPvPです。

騎士料理人となり、料亭をたてなおせ! 『シェフが多すぎるTRPG アーレ・キュイジーヌ!』

シェフが多すぎるTRPG アーレ・キュイジーヌ!

現代とは少し異なる架空世界。
「騎士料理人(ナイトコック)」として崇められている一流料理人たちを率いていた一大グループ「板場の帝王」グループが一夜にして崩壊。総裁は生死不明となり、女将さんとその子供だけが残されてしまいました。

プレイヤーはこのグループで総裁に仕えていた「騎士料理人」です。
あなた方は、未亡人となった女将さんとその子供を支えながら、料亭の「板長・厨師・シェフ」として腕を振るい料亭を建て直さねばなりません。

千差万別のシステムと世界観

いわゆる「商業出版」でなく、個人が作ったシステムにも魅力的な作品はたくさんあります。縛られることが少ない分、ユーザーサポートも手厚い場合が多いです。貴方の遊びの世界を、今回紹介したシステムが広げてくれるかもしれませんね。

冒険心をくすぐるお店「コノス」では、たくさんの「オリジナルTRPG」を取り扱っています。
ぜひ、あなたのお気に入りの一品を見つけてみてくださいね。

コノスは後払いにも対応!

このたび冒険心をくすぐるお店「コノス」は、後払いに対応しました。
商品が届いたあとに支払いができるので、とっても安心ですね。

さらに、セブンイレブンやローソン・ファミリーマートをはじめ、各種コンビニでもお支払いもOK!
もちろん銀行振り込み郵便振替も利用できますよ。

ぜひご利用ください!

個人制作TRPGもっと見る

TRPG書籍一覧もっと見る

最近の記事

アナログゲーム関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です