大人気雑誌『週刊少年ジャンプ』2021年29号掲載の「ジャンプボドゲブ!」にて、EJIN研究所のボードゲーム『ハコオンナ』が特集されました。

ハコオンナ』は、ボードゲームでありながらオカルトホラーをテーマとした対戦&協力型脱出ゲームです。

暑い夏本番が近づき、これからまさにホラー日和。
舞台版やCDドラマなども展開され、ハコオンナワールドはますます広がっていきます!

冒険心をくすぐるお店『コノス』は、アナログゲームを中心に販売しているオンライン通販ショップです。
新作TRPGから人気のボードゲーム、珍しい輸入商品まで、様々な商品を取り扱っています。
あなたのアナログゲームライフに、ぜひご利用ください。

ハコオンナの恐怖から脱出せよ!

このゲームは「箱女」1人と、「訪問者」2~4人に分かれてプレイする、対戦&協力型脱出ゲームです。

箱女は、館で死んだ幼い少女。
彼女は楽しげに「かくれんぼ」を行いますが、それは訪問者たちを皆殺しにしてしまう危険極まりないかくれんぼなのです。

最大の特徴は、とにかく怖い
物陰を調べたときに彼女と目が合えば即死。しかし、もちろんリスク無しで情報を手にすることはできません。

さらに声を潜め物音を立てずに活動しなければ、箱女は訪問者の居場所に気づいてしまいます!
そのために使うのが物音システム。訪問者たちは行動をするたびに物音チップを積み上げなければいけません。
もしチップを崩してしまったら──即座に館内に音が響き渡り、箱女による恐怖の時間が幕を開けます。

出口を見つけて館を脱出するか、彼女を討伐するか、はたまた亡骸を供養するか。
訪問者たちが生き残る道は、もはやそれしか残されていないのです──

あらすじ

人里離れた山奥に、窓ひとつない不気味な、古びた館がある。

新たな訪問者を迎える度に姿を変えるその洋館には、「ハコオンナ」と呼ばれる怨霊が棲んでいるという。

小さな箱に詰め込まれ、生きて外へ出ることのなかった少女の霊。
彼女は館に迷い込んだ人間を、1人、またひとりと、より暗くて狭いところへ引きずり込んでいく。

出口を探せ、生き延びるために。ただし、物音を立ててはいけない

箱女はもう、すぐそばに、いる。

恐怖を映像化! 『舞台版 ハコオンナ』

”舞台版ハコオンナ”DVD

ボードゲームからはじまった『ハコオンナ』ですが、現在は他メディアにも展開しています。
その一つが、『聖地ポーカーズ』によって制作された『舞台版 ハコオンナ』です。

文化人類学研究員の杉浦陽太(演:加藤凛太郎)は、社会心理学研究員の設楽優樹芽(演:楠世蓮)とともに、古い洋館を訪れた。目的は、九館蓮司(演:程嶋しづマ)が製作する映画へ出演するため。
それが、恐ろしい惨劇の始まりであるとは、その時の彼らは知る由もなかった………

デザイナー自らシナリオ描き下ろし! 『ハコオンナドラマCD』

ハコオンナドラマCD

マルチメディアに展開する「ハコオンナ」の舞台は、映像だけでは終わりません。
『音』の世界にも、恐怖の手は忍び寄っているのです。

『ハコオンナドラマCD』は、原作者の江神号さんによる描き下ろしシナリオで展開される、恐怖の長編エピソードです。
キャスト陣は子安武人・米澤円鈴木裕斗など、超豪華メンバーでお届けいたします。

BGM&効果音集や、本編の台本ブックレット、さらにゲームで使える拡張カードセットまでそろった超豪華特典も見逃せません!

ドライブの中濃霧に巻き込まれ、道がわからなくなってしまった流日緋矢(CV:早川剛史)たち。
ホラー系サイトに出てくる建物とそっくりの古びた洋館を見つけ、霧が晴れるまでの時間つぶしにと足を踏みいれたのだが──

実はかわいいハコオンナ!?『ハコオンナちゃん』

ハコオンナ関連作品は、どれも怖い作品ばかりというわけではありません。

箱女は、「古い洋館で死んでしまった少女」。
そう幼い女の子なんです。ちょっと遊びたい盛りのかわいい女の子じゃないですか。

“ハコオンナの薄い本“こと『ハコオンナちゃん』は、全ページフルカラーの二次創作同人誌です。
とってもキュートなハコオンナちゃんの魅力をギュギューっと詰め込みました。

さらに、『ハコオンナちゃん』を通販で購入できるのはコノスだけ

かわいいLINEスタンプもあるので、こちらも合わせてどうぞ。

次にハコオンナと出会うのは、貴方かもしれない──

今回紹介した作品以外にも、冒険心をくすぐるお店「コノス」では、たくさんの「ボードゲーム」を取り扱っています。
ぜひ、あなたのお気に入りの一品を見つけてみてくださいね。

冒険心をくすぐるお店「コノス」

「ボードゲーム」カテゴリ

最近の記事

アナログゲーム関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です